経験しておくことで得る利点

塾講師は、生徒に勉強を教えることが仕事です。教えるということに関して、どのような手段を使えば生徒が理解してくれるか、納得してくれるのかを考えながら指導していきます。これが社会に出たときに、仕事内容を相手にわかりやすく教えることや、相手がひとりでも仕事や業務が出来るように指導していき、適切なサポートができるようになります。講師として人に教えることを経験しておくことで、社会に出てからとても役立つものになります。

教えるという行為は、簡単ではありません。自分が教えていても相手が理解していない場合や納得していない場合には教えたということにはなりません。指導すること、教えることは職種によってある、ないというものではありません。相手が自分の教えたことを、スムーズにこなしていくためには、教える側が工夫ししながら動いていく必要があります。

塾講師としても社会人として職場で指導する立場になっても、仕事に対してカリキュラムを立てる、そしてそれぞれの相手によって自分が伝え方を変えていうなどしながら、仕事や指導を行っていくのです。このようなことを考えると、塾講師として働いた経験を持つ人は、相手に対して教えるという行為の基本ができていることになります。苦労して講師を行ったことは、そのまま将来に役立ちます。